怒ってるの?と言われ傷ついた

生まれつきの一重で細い目。

 

ふつうにしているのに、眠いの?怒ってるの?コワイ!睨まれた!と言われ、ツライ思いをしていました。

 

できるだけ笑顔で過ごす術は身に付けたけど、目の大きさはやっぱりかわらない。

 

中学生ぐらいから、パッチリした大きな目になりたい!と思うようになりました。

 

もちろんまだメイクもできないし、お金もなくて整形だってできないので、ビューラーでがんばってまつ毛を上げたり、マッサージしたりしました。

 

でも目は大きくならない…集合写真でも、他の子に比べて細くて目が開いてるか開いてないか分からない私の目。

 

切実に、目がもっと大きかったらかわいくみられるのに、ふつうにしていてもキラキラしたパッチリな目なら楽なのに、と悩みました。

アイプチで二重に!

二重に憧れて、アイプチ、アイテープ、メザイク、つけまつげ、ローヤルアイムなど、全部ためしてみました。

 

まずはアイプチ。

 

簡単に言えば、のりでまぶたの皮膚をくっつけて二重のラインを作るグッズです。

 

ツッパリ感や合わないと皮膚が荒れたりします。

 

でも私はアイプチが1番簡単でしっくりきてます。

 

アイテープは、二重にしたい部分に貼り付けてテープがまぶたの皮膚を持ち上げることで二重が作れます。

 

奥二重さんやまぶたの皮膚が薄い人にはオススメですが、がっつり重たい一重さんはすぐに戻ってしまう可能性が大きいです。

 

メザイクもアイテープと似ていますが、細いファイバーをまぶたに食い込ませて、そこに二重のラインを作る方法です。

 

これも重たい一重さんはすぐに戻ってしまうかもしれないです。

 

私はもどっちゃいます。

 

つけまつげは芯が太いものを付ければ、自然と二重になるのでオススメですが、ちょっとケバくなっちゃいます。

 

不安なときは、アイプチやメザイクなどと併用すればよっぽどもどりません。

 

ローヤルアイムは、アイテープの液体版みたいなものです。

 

塗ったところに膜ができるので、皮膚同士をくっつけなくても二重が作れます。

 

奥二重さんやまぶたの皮膚が薄い人にはオススメ。

 

がっつり一重さんは、何度か塗り重ねないと二重になりません。

 

私は、いろいろ試しましたがアイプチが1番戻りにくくて簡単なので愛用しています。

パッチリとした目が完成!

アイプチをしていて、まずデメリットは、最初はツッパリ感が気になることです。

 

まぶたをくっつけているので、どうしても瞬きするときに引っ張られる感じが気になります。

 

でも慣れてくるので大丈夫です。

 

何度か重ね付けすると、不自然になります。

 

私は一度塗ってしっかり乾かし、プッシャーでひと押しするだけです。

 

あと、テカリが目立つので、乾かしてから綿棒でなでるなどしてから二重を作ります。

 

アイプチ経験者には、見破られることがあるので、アイラインやしっかりめにまつ毛を上げてカバーします。

 

メリットは、やっぱり二重にすると目が丸くパッチリするので、優しい印象の顔になります。

 

自分でも視界が広がり、明るい気分になります。

 

まつ毛も上がりやすくなるので、メイクも楽しめます。